こんな症状に・・・

鍼やお灸と言うと、ぎっくり腰や肩こりなんかの治療を思い浮かべる方が多いと思います。

それから最近、女性の皆さんは「美容鍼」なるものがあるらしいなんてことも知ってらっしゃる方もいらっしゃると思います。

でも実は、鍼灸でできる治療の範囲は思ったよりもだいぶ広く、東洋医学の考え方に基づいて全身の調子を整える効果があります。

見てきたわけではないですが、そもそも鍼とお灸の治療は昔(多分戦前くらいまで)、今でいうお医者さんに行くような感じで存在したようです。「風邪をひいてしまった」とか「子供の夜泣きに困ってる」とか「食あたりでお腹を壊した」とか、まぁもちろん、腰痛や肩こりも。

東洋医学では、身体全体の(心の状態も含めて)バランスが崩れた状態を『未病』と呼び、この状態が続くと病気になると考えられています。鍼灸でその状態を治すことで『未病治』、今でいうところの予防医療にもつながります。

そういうわけで、ハリトオキュウではその身体の様子や調子から現在の不調の原因を探りながら治療を行いますので、

例えば「なんだか疲れが取れない」とか「病院ではなんでもないと言われたんだけど・・・」みたいな症状でも、肩こり腰痛からお子さんの治療、不妊、妊娠中の不調、自律神経のトラブル、終末期の緩和ケアまで幅広くみていく事ができます。

お気軽にご相談ください。

WHOで認められている鍼灸の適応

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた病気には、以下のものを挙げています。
【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善